『椿と罪ほろぼしのドア』長田亜弓

試し読み
  • 作品紹介
    ある日魔法つかいが現れた。俺にたのみごとがあるという。寝言はいい加減にしてほしい俺。しかし、お伽話は始まってしまった!

    作者プロフィール

    長田亜弓

    2013年、『のうけん』で第60回IKKI新人賞・イキマンを受賞しデビュー。それが初連載作『のうけん』としてスタート。ネタを高密度に詰め込んだハイスピード学園コメディとして評判になる。「まだまだ描けるネタたくさん!」ではあったが月刊IKKI休刊でやむなく終了、単行本全1巻(IKKICOMIX小学館)にまとまる。ヒバナ発刊にあわせ、以前より構想をあたためていた魔法物語『椿と罪ほろぼしのドア』を連載開始。

  • 単行本

ヒバナのプライバシーポリシー
ヒバナ本誌および当サイトへのお問合せはこちら