キャンペーン

  • 現在におけるインターネット配信の先駆者!ポップロックバンド 神聖かまってちゃんの紅一点ドラムを担当。また、SNS世代に圧倒的な支持を持つカリスマアイドル、バンドじゃないもん!のリーダーを兼任するなど多方面で活躍中。
    神聖かまってちゃん公式サイト
    バンドじゃないもん!公式サイト

    登場人物 全員推せる!!
    オタクもアイドルも両方やらせてもらっているけれど、真実を描いてくださってありがとうございます!!

    第2回81オーディション優秀賞、第9回声優アワード新人男優賞 受賞
    主な出演アニメは「ハイキュー!!」(山口忠)「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」(ヤマギ・ギルマトン)「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(グレン=レーダス)等
    7月より「活撃 刀剣乱舞」(鶴丸国永)「バチカン奇跡調査官」(ローレン・ディルーカ)に出演
    2017年6月7日 SACRA MUSICよりソロデビュー
    1stデビューシングル「フィッシュストーリー」発売中
    斉藤壮馬公式サイト

    ぼくは頭でっかちなので、好きでいつづけるための理由やきっかけをいつも探してしまいます。だから自分の「好き」を言語化するのはけっこう得意だと思っていたのですが、『ドルメンX』に関しては、どこがどう好きなのか、いまいちうまく説明できません。
    『不死身ラヴァーズ』も『ドルメンX』も、高木先生の漫画はいつも前のめりで、全力で、かと思ったらすぐ後ろ向きになって、死ぬほど笑って、ぐしゃぐしゃに泣いて、こっちのロジックなんて知らないぜ!とばかりにぶつかってきてくれて、そうして気づくと、ぼくも泣いています。笑っています。
    個人的には、イチイにとても感情移入して読ませていただきました。イチイが隊長に憧れる気持ち、心臓を刈り取られた瞬間の虚無感、自分のリキミュが終わってほしくないと思ったときのさみしさは、全部がまるで自分のことを描かれているかのように、ぐさぐさと刺さってきました。
    社長に直接「オッレを、あんたの事務所に入れてください!向いてなくてもいい、恥ずかしいヤツでいい、オレも、オレも、超強くなりたい!」と言ったあのシーン。鷲掴みにされました。ひとりでめちゃくちゃ泣いて、ああ、おれ、カッコつけてたんだ、って、恥ずかしくなりました。がつんとやられました。もっとやれることをやらなくちゃ駄目だ、と決意を新たにしました。
    ニイ、サイ、ヨイたちも同様で、各々が屈折し、後ろ向きになりながらも、互いを羨ましがり(社長はいいこと言いますね)、だからこそ互いに全力でやりあえる。誰もカッコつけてない。カッコつけてるやつは、むしろそれが当然格好いいと思って、全力でカッコつけている。こんな熱い漫画、なかなかあるもんじゃあないです。
    ヨイが最初に言っていた、「本気で……ファンをやってるから、本気じゃないあんたの言葉は刺さらない」。
    高木先生の、そしてドルメンXの登場人物たちのことばが、ぼくには突き刺さりました。もう、理由を探すのはやめにします。『ドルメンX』、本当に大好きです!ありがとうございました!

    イブニング(講談社)にて『少女ファイト』連載中、最新14巻は7月21日頃発売予定!! 『G戦場へヴンズドア』完全版全3巻発売中。
    twitter:@yowoko

    キュートな軽自動車に大型タンカーのエンジンを積んで突っ走っているようなまんがだと。自分さえもふりおとしてしまいそうな高木先生の究極の愛の概念がここにはあります。これを読めば、もう好きな「なにか」に言い訳は1ミリもいらない!

    1990年劇団「惑星ピスタチオ」を旗揚げ、『破壊ランナー』などで注目を集める。00年に解散。近年の演出作品に『弱虫ペダル』『ALL OUT!! THE STAGE』、『遠い夏のゴッホ』(2017年7月14日〜23日/東京 7月29日〜30日/大阪)。
    西田シャトナー公式サイト
    twitter:@Nshatner

    『ドルメンX』読んでる。めちゃめちゃ良く描けている。読んでよかった。僕は演出家だが、まるで自分の舞台の現場そのものようなリアリティを感じ、ドキドキしてしまう。アイドルを目指す若者の気持ち、そのアイドルを応援するファンの気持ち、我々が一歩前に進むために経験する震えと恐怖と喜び。それらが、ただ物語としてではなく、魂の叫びとして、あふれ出る圧力と熱量で描かれている。僕も一生懸命やろうと思った。イケメンのキラキラ度を、「強い!」と表現するところとか好きだなー。 俳優たちにも、観客の皆にも、プロデューサーたちにも、そして日々を悩み生きる人になら誰にでもお勧めしたい作品です。


現在におけるインターネット配信の先駆者!ポップロックバンド 神聖かまってちゃんの紅一点ドラムを担当。また、SNS世代に圧倒的な支持を持つカリスマアイドル、バンドじゃないもん!のリーダーを兼任するなど多方面で活躍中。
神聖かまってちゃん公式サイト
バンドじゃないもん!公式サイト

登場人物 全員推せる!!
オタクもアイドルも両方やらせてもらっているけれど、真実を描いてくださってありがとうございます!!

第2回81オーディション優秀賞、第9回声優アワード新人男優賞 受賞
主な出演アニメは「ハイキュー!!」(山口忠)「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」(ヤマギ・ギルマトン)「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(グレン=レーダス)等
7月より「活撃 刀剣乱舞」(鶴丸国永)「バチカン奇跡調査官」(ローレン・ディルーカ)に出演
2017年6月7日 SACRA MUSICよりソロデビュー
1stデビューシングル「フィッシュストーリー」発売中
斉藤壮馬公式サイト

ぼくは頭でっかちなので、好きでいつづけるための理由やきっかけをいつも探してしまいます。だから自分の「好き」を言語化するのはけっこう得意だと思っていたのですが、『ドルメンX』に関しては、どこがどう好きなのか、いまいちうまく説明できません。
『不死身ラヴァーズ』も『ドルメンX』も、高木先生の漫画はいつも前のめりで、全力で、かと思ったらすぐ後ろ向きになって、死ぬほど笑って、ぐしゃぐしゃに泣いて、こっちのロジックなんて知らないぜ!とばかりにぶつかってきてくれて、そうして気づくと、ぼくも泣いています。笑っています。
個人的には、イチイにとても感情移入して読ませていただきました。イチイが隊長に憧れる気持ち、心臓を刈り取られた瞬間の虚無感、自分のリキミュが終わってほしくないと思ったときのさみしさは、全部がまるで自分のことを描かれているかのように、ぐさぐさと刺さってきました。
社長に直接「オッレを、あんたの事務所に入れてください!向いてなくてもいい、恥ずかしいヤツでいい、オレも、オレも、超強くなりたい!」と言ったあのシーン。鷲掴みにされました。ひとりでめちゃくちゃ泣いて、ああ、おれ、カッコつけてたんだ、って、恥ずかしくなりました。がつんとやられました。もっとやれることをやらなくちゃ駄目だ、と決意を新たにしました。
ニイ、サイ、ヨイたちも同様で、各々が屈折し、後ろ向きになりながらも、互いを羨ましがり(社長はいいこと言いますね)、だからこそ互いに全力でやりあえる。誰もカッコつけてない。カッコつけてるやつは、むしろそれが当然格好いいと思って、全力でカッコつけている。こんな熱い漫画、なかなかあるもんじゃあないです。
ヨイが最初に言っていた、「本気で……ファンをやってるから、本気じゃないあんたの言葉は刺さらない」。
高木先生の、そしてドルメンXの登場人物たちのことばが、ぼくには突き刺さりました。もう、理由を探すのはやめにします。『ドルメンX』、本当に大好きです!ありがとうございました!

イブニング(講談社)にて『少女ファイト』連載中、最新14巻は7月21日頃発売予定!! 『G戦場へヴンズドア』完全版全3巻発売中。
twitter:@yowoko

キュートな軽自動車に大型タンカーのエンジンを積んで突っ走っているようなまんがだと。自分さえもふりおとしてしまいそうな高木先生の究極の愛の概念がここにはあります。これを読めば、もう好きな「なにか」に言い訳は1ミリもいらない!

1990年劇団「惑星ピスタチオ」を旗揚げ、『破壊ランナー』などで注目を集める。00年に解散。近年の演出作品に『弱虫ペダル』『ALL OUT!! THE STAGE』、『遠い夏のゴッホ』(2017年7月14日〜23日/東京 7月29日〜30日/大阪)。
西田シャトナー公式サイト
twitter:@Nshatner

『ドルメンX』読んでる。めちゃめちゃ良く描けている。読んでよかった。僕は演出家だが、まるで自分の舞台の現場そのものようなリアリティを感じ、ドキドキしてしまう。アイドルを目指す若者の気持ち、そのアイドルを応援するファンの気持ち、我々が一歩前に進むために経験する震えと恐怖と喜び。それらが、ただ物語としてではなく、魂の叫びとして、あふれ出る圧力と熱量で描かれている。僕も一生懸命やろうと思った。イケメンのキラキラ度を、「強い!」と表現するところとか好きだなー。 俳優たちにも、観客の皆にも、プロデューサーたちにも、そして日々を悩み生きる人になら誰にでもお勧めしたい作品です。

ヒバナのプライバシーポリシー
ヒバナ本誌および当サイトへのお問合せはこちら
ヒバナのプライバシーポリシー
ヒバナ本誌および当サイトへのお問合せはこちら